×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おかやどかりウム
Topページ
 工 作 室
工作室 目次
へ戻る

水槽の蓋 〜収縮式〜

寒くなると、飼育ケースの湿度を保って ヒーターで温めた空気を逃さないためには
蓋がとっても重要!!
さらに蒸れないように調整しないとカビが発生してしまうので、
我が家では収縮して空気の出入りを調整できる蓋を使っています。

水槽とセットになっているガラスの蓋は重いし、毎日の世話のとき割りそうで怖い(私だけ?) 
蓋は軽くて扱いやすい物に限ります。


しかし、水槽のジョイントのシリコンを伝って登ったり、ヒーターのコードが
水槽から出ている場合は、蓋が軽いので簡単に脱走されてしまいます。
我が家の水槽はシリコンが少なく硬いようなので、登ることが出来ず、
ヒーターも外付けなので、一度も脱走されたことがありません。

今回は、脱走の心配のない水槽向けの蓋です。


A4のカードケース3枚

A4は、奥行が30cmの水槽用です。
25〜26cmくらいならB5をご使用下さい。




 材料はこれだけ、あとはセロハンテープ少々(~.~;
3枚のうち、1枚だけフチの部分を鋏で切って、
2枚のアクリル板にします。



短い方のフチは半分に切って、長いフチはそのまま


  
W60p水槽の場合は切り離した2枚の板を
12cmくらい重ね合わせて、テープで固定する。


切っていないカードケースに差し込んでテープで固定する。
もう一つのカードケースは、テープで固定せずに
スライドさせて、水槽の両端に隙間を作り、湿度調整する


W45cm水槽は、切り取った1枚の板に
両側から切っていないカードケースを差し込めばOK

短いフチ(切って4本になったもの)の先をドライヤーで温めて、1cmくらい90度折り曲げて落下防止の爪を作る。 長いフチを真ん中に(補強用)
短いフチをその両側に貼り付ける。



完成!!


くれぐれも脱走防止の役には立ちませんので、脱走の恐れがある場合は不向きです。

おかやどかりウム
Topページ
前 へ
工作室 目次
へ戻る
▲ページTopへ