×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


おかやどかりウム
Topページ
やどコラム目次
へ戻る

その壱   出 会 い・メンバー紹介

                                        
  2004年8月初旬にムラサキオカヤドカリを近所のペットショップで偶然見かけて2匹購入しました。
  その後、飼育用品を買いに行った別のペットショップで、小さなオカヤドカリを1匹追加購入しました。
  
  ムラサキ2匹を売っていた店では、体よりかなり大きなプラケースの中に湿った砂と人参の角切りが一緒
  に入れてあり、おかやど達は元気に動いていました。

  でも、後で買った店では、乾いた砂が少し入っただけの、小さめのケースで売られていました。
  他のおかやどが殻に閉じこもってほとんど動かない中で、ケースをカリカリ引っかきながら訴えるような目
  で「ココカラ出シテ」と言わんばかりの姿に負けて購入したのです。
  
  こうして私は、3匹のおかやどと暮らし始めました。
  始めは「すぐ死んでしまうかもしれない」と思っていたのですが、みんなとっても元気です。
  今日も、愛嬌となごみを振り撒いています。


ムラサキオカヤドカリ 1号 通称 マゼンタ
 
購入時の貝殻(少し小さめ)            貝殻選択中(3個の貝殻を試す)          貝殻決定
  

680円で購入 (ピンクの鋏&足がセクシーな、一番大きい個体)

あまりビクビクせず、よく食べ・よく寝て・よく遊ぶ バランスの取れた生活を送ってます。

昨年12月に1度目の脱皮しましたが、貝殻に余裕があったのか宿替えはしませんでした。




ムラサキオカヤドカリ 2号 通称:シアン

購入時の貝殻はボロボロ              購入直後に宿替え                脱皮後に再び宿替え
(体が半分以上はみだしていた)
                              (少し体色が薄めになった)
  

380円で購入 (砂堀りと海水浴が大好き、中型のちょっと気難しい個体)

臆病で、隠れて寝ている時間が多のですが、たまに大暴れします。(引きこもりの家庭内暴力?)

今年1月に脱皮しましたが、小さめの貝殻が好きで脱皮後も、前と同じくらいの大きさの貝殻に宿替えしました。

今も少し体がはみだしています。
 


ナキオカヤドカリ 1号 通称:チビor 巴御前

購入時の貝殻                    購入後大き目の貝殻に宿替え           脱皮後、他の貝殻を試すが、元に戻る
  

150円で購入 (とにかく何かによじ登るのが大好きな、一番小さくて元気な個体)

一番外で遊んでいる時間が長く運動量も多いのですが、寝るときは誰かの隠れ家にもぐりこんで添い寝します。

寂しがり屋の甘えん坊さんです。


なんと、脱皮もムラサキ1号の隠れ家に潜り込んで決行しました。

他の大きなおかやどが入って来れない小さめの隠れ家もあったのに・・・・

気づいたときは、抜け殻の鋏と足だけ残っていました。

どうやら自分で全部食べたようで、脱皮したと思われる日から5日後には、普通に歩き回り、木登りもして脱皮前と変らず元気に動き回っていました。

「小さい方が脱皮が楽」と聞いていましたが、他の2匹と差がありすぎるので「種類が違うからかな?」とも思います

(どうなんでしょうね?)

脱皮は今年2月にしましたが、最初に大き目の貝殻に宿替えしたので、まだ十分余裕があります。

でも、本人は、もっと大きな貝殻に引っ越したいらしく時々他の貝殻を試していますが、その貝殻の重みで動けなくなって元の貝殻に戻る

という行動を繰り返しています。

 


ナキオカヤドカリ 2号 通称:みかん

店では、大型水槽で集団飼育されていた     一週間経っても宿替えしない           我が家に来て11日目に宿替えしました
(写真は持ち帰り用カップ)
                                  (緑とオレンジのコントラストが最高)
  

380円で購入 (ナキオカ1号と同じ位の大きさの小型の個体、臆病ですぐ隠れる。逃げ足が速い。)

2005年5月14日に、一目ぼれして購入してしまいました。(我が家にはナキオカが1匹しかいないので仲間がいた方がいいよね、 と自分に言い訳しながら・・)

まだ、我が家に来てから1週間しか経っていないので、慣れていないのか物陰に隠れてばかりで、なかなか写真が取れません。
時々隠れ場所が変っていますので、忍者のように物陰から物陰に走って移動しているようです。

お店から買ってきてから丸1日隔離して様子を見ました。リンゴを食べて、岩登りもして元気な様子だったので、海水浴をさせて他の仲間と対面させました。
喧嘩もせず、仲良くしています。 いつも仲間(特にムラ2号)にくっついています。 寂しがり屋なのは、ナキオカの特徴なのでしょうか? それとも小さい固体が身を守るための習性なのでしょうか?

動きが素早くて、すぐ隠れるのでカメラマン泣かせでしたが、海水に浸けてやると急に大胆になって何枚も写真を撮らせてくれました。
海水に潜っているときも、流木に登って体を乾かしているときもカメラを近付けてもビクともしません。 
超海水浴好きです。

おかやどかりウム
Topページ
 次 へ
やどコラム目次
に戻る